脱毛エステシャンの実態は?

初めて脱毛サロンに行くときには、誰しもが不安な気持ちになるでしょう。
そんな時に、エステシャンの方の笑顔で迎えられると、とてもほっとした気持ちになりますよね。
また、信頼のおけるエステシャンに出会って、脱毛の悩みを相談しながら施術を受けられれば
脱毛の効果以上の満足感を得ることができるでしょう。
このように、脱毛においてエステシャンはとても重要な要素ではありますが、案外エステシャンの
実態は知られていません。
そこで、この実態を探ってみましょう。

 

資格は必要なの? 実は脱毛エステシャンに国家資格はありません。各美容団体が主催する技能検定を取得して、技術を保証することができます。また、大手サロンではこのような検定を取得していないと就職できなかったり、さらに就職後も独自の厳しい研修をクリアする必要があります。このような流れを受けて、最近では美容専門学校で脱毛技術に関するコースも充実しており、即戦力になることを目指して多くの生徒さんが勉強されています。
お給料はどうなの? ある就職サイトによるとお給料はかなりのばらつきがあります。とはいっても、一担当者である限りはお給料は総じて低い傾向にあります。年収でいうと300万円台の方が最も多いようです。他方、担当者を卒業して数店舗のマネージャーレベルになると、500万円台の方も出てきます。さらに、より経営に近い立場になると、800万円〜1000万円の強者も出てきます。外資の高級サロンですと、高額の歩合が発生する関係上、一担当者レベルでも人気エステシャンになると1200万円超えの方もいるそうです。
やりがいは? やはり、お客様がキレイになって喜ばれている姿や自信を取り戻す姿を共有できる点にやりがいを感じる方が多いようです。
ツラい点は?

拘束時間が長い点を挙げる方が多いです。特に予約が増える時期になると休憩どころではなくなるそうです。
また、ノルマが厳しいお店もあり、そのようなお店で働く方にとっては厳しいようです。